ホーム
健康メモ
健康を保持するために健康食品の正しい情報を知りましょう
健康メモ

健康を保持するために健康食品の正しい情報を知りましょう

北九州総合病院 薬剤部 部長 高橋 浩二郎

テレビのCM、新聞、雑誌、そしてインターネットのサイトでは、グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、ウコンなどのいわゆる健康食品情報が溢れかえっています。長寿国である日本では、多くの人が医療情報をはじめ食事や運動に関わる情報に関心を持ち、健康の保持や病気の予防に取り組んでいます。その中には健康食品と称する食品やビタミンやミネラル等のサプリメントを使用している人も少なくありません。特に近年の健康食品を取り巻く市場規模は1兆円を超え、この分野の業界はマスメディアによる広告の増加もあって右肩あがりに成長しています。それでは利用者は健康食品を正しく理解しているのでしょうか。どちらかというとあふれる情報に振り回されているのが現状ではないかと思います。実際に、科学的に根拠がないにもかかわらず、有名人をCMに起用してあたかも効果があるような情報を流している会社が多いように見受けられます。また食品と認める原材料(ウコン、クロレラ、ブルーベリーなど)を混入した健康食品を、あたかも医薬品であるかのうようにその効果を広告している会社もあり、情報が野放し状態のようで恐れを感じます。あやしいCMを鵜呑みにしないことが重要です。そこで大事なことは情報に対する利用者の判断能力ということになりますが、これは難しいかもしれません。まずは利用に際して冷静な判断が必要です。冷静に考えればわかることですが、健康食品で病気が治ることはありませんし、病気の治療には使えません。「これを食べると○○に効く」という情報を流している製品は、明らかに薬事法違反なのです。そこが食品と医薬品の異なるところです。特に「がんや肝臓に効く」といった表示は法的に違反です。病気の人にすすめている健康食品はニセモノと判断して下さい。それでは健康食品について解説します。実は健康食品というものは、法律上の定義は無く、辞書等で調べても広く健康の保持・増進の効果を期待して摂取する食品とうたっています。健康食品は大きく2つに分けられます。国が定めた安全性や有効性に関する基準等を満たしている「保健機能食品」とそれ以外の「いわゆる健康食品」と称して販売しているものがあります。さらに「保健機能食品」には、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の2種類があります。

特定保健用食品(通称:トクホと呼ばれている)とは、身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分(例えば、茶カテキンや食物繊維(難消化性デキストリン)など)を含んでいて、「体脂肪が気になる方に適しています」や「おなかの調子を整えます」などの食品の持つ特定の保健の用途を表示して販売される食品を云います。トクホとして販売するためには、その製品ごとに食品の有効性や安全性について国(消費者庁管轄)の審査を受け、表示についての許可を受ける必要があります。現在、消費者庁のHPで公表されている情報(H24年4月17日現在で許可)では995品目の食品が許可されています。

次に栄養機能食品とは、高齢化やライフスタイルの変化等により、通常の食生活を行うことが難しく1日に必要な栄養成分を取れない人に、その補給・補完のために利用してもらうための食品を云います。 1日当たりの摂取量に含まれる栄養成分量が国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合にその栄養成分の機能の表示ができます。現在、機能表示できる栄養成分はビタミン12種類とミネラル5種類について規格基準が定められています。例えばビタミンCの場合は、栄養機能食品(ビタミンC)と表示しなければならず、栄養機能表示としては、「ビタミンCは皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です」を表示することができます。ただし、トクホのように国への許可申請や届出の必要はなく、製造者が基準を満たしているという自己表示でよいため、あやしい商品も出回っており問題もあります。

一方、「保健機能食品」でない「いわゆる健康食品」は、あくまでも一般食品の一部であり、市場に流通している健康食品の大部分がこれに該当します。従って、機能や保健の効果、医薬品の効能効果は表示できません。健康の増進に役立つと広告されて、販売され利用されていますが、その根拠に明確な法律上の定義はありません。医師や学者と称する人が推奨したり、有名人や体験者の証言だけでは、科学的な根拠があるといえません。また動物実験結果だけでは、人間にあてはまらない場合があります。単に学会発表をしただけで、公には評価されていない情報かもしれません。これらのことを知ると、国は一体何をやっているのだろうと思うはずです。もちろん、今後、健康食品の中から医薬品として開発されるものもあるかもしれませんので、すべての健康食品をダメだしするつもりはありませんが、結局は個人が購入するものなので、少なくとも正しい情報を知ることが大事です。これから健康の維持や増進に利用しようと考えている人は、まずは医師や薬剤師に相談すると良いと思います。また既に利用している人も体調不良になった場合や医薬品と併用する時は医師や薬剤師に相談することを心がけてください。健康を保持するには、バランスの良い食事、睡眠、そして運動がもっとも効果的です。そして定期的に健康診断を受けることが健康を守る秘訣だと思います。

ページTOPへ