ホーム
健康メモ
心臓の仕組みと心不全(しんふぜん)〜息苦しいか、むくむか〜
健康メモ

心臓の仕組みと心不全(しんふぜん)〜息苦しいか、むくむか〜

社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院 心臓血管センター循環器内科部長 中尾 浩一

心不全という言葉を耳にされた方は多いと思いますが、正確に言えば、これは病気の名称(病名)ではありません。心臓はいわば体内で血液を循環させるポンプ(図1)ですが、その働きが落ちて、体が必要とするだけの栄養や酸素を送り届けることが出来なくなった「状態」が「心不全」なのです。

この「心不全」という状態をもたらす「病気」には、1)心臓に栄養を送る血管(冠動脈)が突然つまる「心筋梗塞」、2)心臓内の血流を一方向に保つための弁が壊れる「弁膜症」、3)心拍動のリズムが不規則になる「不整脈」、4)心臓の筋肉自体が弱っていく「心筋症」などがあります。つまりこうした病気が進行した結果、心不全と呼ばれる「状態」が作り出されるわけです。

それでは、心不全になるとどんな症状が出るのでしょうか?主な症状は二つ、「息苦しい」か、または「むくむ」かです。ちょっとした坂や階段を昇るとき、少し早足になったとき、また横になって寝ようとした後に急に息苦しくなる場合は、心臓の働きが落ちている可能性があります。また、体(とくに下肢)がむくんで、倦怠感や食欲不振をともなうときも、心不全の可能性があります。「息苦しさ」と「むくみ」と両方の症状が出る場合もしばしばあります。

こうした症状の機序は、血液循環の仕組み(図2:中学校の理科で習います)を思い出すと良く理解できます。心臓は全身から戻ってきた血液を肺に送り出し(肺循環)、肺でガス交換(酸素を取りこんで二酸化炭素を出すこと)を行って心臓に戻ってきた血液を、今度は全身に送り出しています(体循環)。心臓の働きが落ちるとその上流で血液のながれの渋滞(うっ血)が起こります。体循環に送り出せなければ(左心不全)、肺でうっ血が起こり、血漿成分が血管から浸み出すために、ガス交換に支障が生じ、息苦しくなります。肺循環に上手く送り出せなければ(右心不全)、その上流である全身でうっ血が起こり、体がむくみます。実際にはその両者が混在することも多いのです。

心不全と診断される方は人口の高齢化にともなって増え続けていますが、その治療法は日々進歩しています。心臓の病気を患ったことのある方で、息苦しさやむくみに気づいた方は、早めにかかりつけの先生と相談することが大切です。早く治療を開始するほど、心不全状態からは早く抜け出せます。心不全は、ドクターによって適切に管理されて、患者さんが正しい知識をもって行動することで、コントロールできる「状態」なのです。

ページTOPへ