ホーム
健康メモ
中高年男性の健康:特にED(勃起障害)について
健康メモ

中高年男性の健康:特にED(勃起障害)について

NTT東日本関東病院 泌尿器科部長 亀山 周二

人が社会生活を送る上で、その質(QOL)の評価には、全般的快適度、身体症状、労働能率、感情・情緒状態、知的機能、生活に対する満足度、社会活動状況などがあります。その他に、性機能もQOLを評価する上で、大変重要な要素とみなされています。食欲についで性欲は人の欲望の中でも、高い位置を占めるといわれています。それでは、現在の中高年男性のこの方面での実態はどうなのでしょうか。日本での最近の疫学調査によりますと、40歳以上の中高年男性のほぼ半数に勃起障害があると報告されています。年齢とともにその頻度は増加します。

勃起障害は、性欲・勃起・性交・射精・極致感といった一連の性機能を構成する要素の、一つの障害です。従来は、インポテンスと(陰萎)といわれましたが、ネガティブな語感から、勃起障害(erectile dysfunction:EDと略)とよばれるようになりました。EDとは、「満足な性交を行うための十分な勃起の達成と維持ができないこと」と定義されます。EDには、身体には異常がないのに、ストレスなどの心理的要因で生じる心因性EDと、器質性EDとに大別されます。器質性EDには、高血圧症や糖尿病、高脂血症などのいわゆる生活習慣病に合併したものや、脊髄損傷に合併したもの、直腸、膀胱、前立腺などの骨盤内手術の合併症として生じたもの、などが含まれます。実際にEDがあるかどうかのスクリーニングや、治療効果の判定は、国際勃起障害スコアにて行います。

ここで、勃起のメカニズムについてみておきましょう。まずは、性的興奮が第一条件です。その性的刺激が神経を介して、ペニスに伝達されます。ペニス内の動脈が拡張することにより、強靭な白膜で包まれた陰茎海綿体内(洞)に大量の血液が送り込まれます。同時に静脈は閉ざされ、陰茎海綿体洞は血液で充満し、白膜はパンパンに張り、ペニスは大きく硬くなり、めでたく勃起が完成されます。勃起の実態は血液のペニス内への貯留ですが、勃起を効率よくおこすには、神経・血管・血流の三大要素が巧妙にはたらくことが不可欠です。

EDの経口治療薬として、最近では殆どの中高年男性に脚光を浴びている薬剤に、バイアグラがあります。皆さんも同僚や友人との会話の中で、バイアグラの話題が一度ならず出たことでしょう。バイアグラは、米国では、1998年3月、日本ではその1年後の1999年3月から医師による処方薬として市販されています。飲み方は、25〜50ミリグラムを、性行為の1時間前に、経口します。空腹時では30分後から効果が出始め、約1時間で薬剤の血中濃度が最高になるといわれています。バイアグラは性的興奮で陰茎海綿体平滑筋細胞に生じた血管拡張性物質(cGMP)の分解酵素( PDE type 5)を阻害し、cGMPを長時間維持させます。その結果、陰茎海綿体の平滑筋細胞は弛緩し、さらに動脈血管は拡張し、大量の血液がペニス内に長く貯留し、勃起が維持できるようになります。有効率は、脊髄損傷によるEDや心因性EDでは約80%、糖尿病や骨盤内手術後のEDでは約50%と報告されています。

薬の副作用ですが、もともとは狭心症の治療薬として開発されていた薬で、循環器系への作用が逆に非常に少ないことで、その安全性が立証されています。日本での866例を対象とした市販後の使用成績調査でも、副作用発現率は4. 85%であり、ほてり・視覚障害・頭痛・動悸などが多くを占め、重篤なものは報告されていません。ただし、ニトログリセリンなどの硝酸薬を使用している患者さんが、バイアグラを内服すると血圧が40〜50 mmHgも低下し、ショックをおこし死亡する危険性があります。くれぐれも、病医院以外での独自ルートでの薬剤入手は、いろいろな意味で危険ですので、お止めください。また、医師から処方はされますが、現段階では健康保険は適用されませんので、ご注意願いたいと思います。

今回はバイアグラの治療薬に焦点をあてました。しかし、EDの治療法には原因、各個人の治療経過等により、バイアグラの経口以外の治療が適切のこともあります。対外陰圧式勃起補助具、血管作動薬の尿道内あるいは陰茎海綿体内注射、陰茎プロステーシス移植手術などがその他の治療法にあたります。EDの治療に関して疑問の時は、まよわずに一度、専門医に相談すると良いでしょう。

ページTOPへ