ホーム
健康メモ
脳梗塞ってどんな病気
健康メモ

脳梗塞ってどんな病気

元NTT東日本関東病院 神経内科部長 玉城 允之

ある日、突然片側の手足が動かなくなったり、呂律が回らなくなったり、言葉が出なくなったり、ひどいめまいがしたり、歩行がふらついたり…

これらの症状は脳梗塞で起こりやすい症状です。

脳梗塞とは、脳に酸素や栄養分を送る血管が何らかの原因でふさがって、脳の細胞や組織が死んでしまう病気のことです。脳のどの血管がふさがるかによって、症状は様々です。

「脳梗塞」の分類

脳梗塞は、3つに分類されます。

  1. アテローム血栓性脳梗塞
    脳への血管へつながる頚動脈や脳の動脈など比較的太い血管で動脈硬化が進行して、血管の内腔が狭くなり、血流が妨げられた結果起きる脳梗塞のこと。危険因子として、高血圧、加齢、高脂血症、糖尿病など
  2. 心原性脳塞栓症
    心房細動などの不整脈、心臓弁膜症などが原因で心臓の中にできた血栓が飛んで脳の血管をふさいでしまう脳梗塞のこと。大きな梗塞になりやすい。危険因子として、心臓病、高血圧、高脂血症など
  3. ラクナ梗塞
    脳の中でも奥の方の細い抹消の血管がふさがって起きる直径1. 5 cm以下の小さな脳梗塞。危険因子として、高血圧、加齢など

こんな人が「脳梗塞」になりやすい

分類のところで、「危険因子」を挙げました.「危険因子」をもつということは、その病気が起こりやすい、ということです。これらの因子を重ねてもっている人は特に要注意、ということになります。

高血圧

脳梗塞に限らず、「脳卒中」(脳出血、くも膜下出血、脳梗塞などを併せて「脳卒中」と言います。)の最大の危険因子です。血管が傷められて動脈硬化が進行してしまいます。

糖尿病

動脈硬化を進行させる重要な危険因子、血液が固まりやすく、血栓をつくりやすくしてしまいます。血糖のコントロールが何より大切です。

高脂血症

動脈硬化を早めます。

肥満

糖尿病・高血圧・高脂血症・心臓病を引き起こしやすくなります。

喫煙・大酒家

いずれも高血圧・動脈硬化・心臓病の原因になります。

加齢・遺伝

年をとると動脈硬化はさけられません。特殊な脳梗塞を除いて、直接遺伝子が脳梗塞の原因となることはありませんが、危険因子の中に遺伝子が関連しているものも多く、肉親に脳梗塞の人がいればやはり要注意です。

脱水

血液が濃くなって固まりやすい状態になります。

こんな症状は脳梗塞の前ぶれかも…

脳梗塞の患者さんの中には、そういえば脳梗塞の前にこんな症状があった…と言う人が少なくありません。医学的には「一過性脳虚血発作(TIA)とよばれるものです。以下のような症状が、一過性(数秒〜数時間と持続時間は様々)に起き、自然に症状が消えてしまうものです。

  • 呂律が回っていない、と人から言われた。
  • 一瞬だが、箸や茶碗など持っているものを落としてしまった。
  • 何だか足がもつれて、ふらついた。
  • 体の半分(顔だけ逆側のこともある)がしびれた。
  • 片方の目が一瞬みえなくなった。
  • テレビ画面の左半分(または右半分)が見にくかった。

「脳梗塞」になってしまったら…

脳梗塞が恐れられるのは、後遺症がのこるからです。 「おかしいな?」と思ったらすぐに受診してください。診察し、必要ならばCTやMRIでチェックします。治療は早い方が良いのです。急性期は症状の進行をおさえたり、脳のむくみをとったり、点滴を中心に治療します。時期をみてリハビリを行い、日常生活動作の改善や社会復帰を目指します.リハビリ病院のご紹介をすることもあります。慢性期はアスピリンやチクロピジンなどの血小板の固まるのを抑制する薬やワーファリンなどの抗血液凝固薬を使い再発を予防します。

「脳梗塞」で大事なことは、まず脳梗塞をおこさないこと! でも、なってしまったら…大事なのは再発させないこと!です。

ページTOPへ