ホーム
企業情報
企業理念
企業情報

企業理念

志を高く持ち「新薬の誕生」にむけた医薬品開発の医療機関における臨床試験の支援やサービスをとおして医療の発展による社会貢献を果たします。

私達の仕事の先には、新薬の恩恵を受け喜ぶ方々の幸福や人生における希望があります。その幸福や希望を共に分かち合いたい。そのような気持ちのもと、私達は、臨床試験を支援する日々において、質の高い試験データとなるよう厳しく管理し、多くの方々の協力により得られた貴重なデータを大切な財産として扱っております。臨床試験に参加頂く患者様方の不安な気持ちを少しでも解消できるよう、24時間、365日、患者様に寄り添う心を持ち、臨床試験の実施期間の間、精神的なサポート役になれるよう治験終了のゴールを目指す被験者の伴走者として行動しております。

医療従事者や患者様を支えるプロとして責任を持ち誠実に仕事を行うことで、医療に貢献していくことを望んでおります。

「人類の幸福の追求」ともいえる「新薬の誕生」。その支援を通じて医療、社会貢献を果たすこと、志を高く持ち誠実に仕事に従事していくこと。それが私達の考える、クリニカルサポートの理念であります。

行動指針

● 幸福、生きがいを得るひとつの手段として、仕事を通じて自己表現を行う ● 小さなことでも提案を行う ● 自己解決型の思考を目指す ● 顧客満足を高めるために、あらゆるサービスを考え行動する ● 一人ひとりが経営者としての視点を持つ ● 社会規範を遵守した行動を行う ● 自身の幸福の為に人生に目標を持ち、向上心を持ち続け行動する

行動指針の基本は、社員一人ひとりの幸福が第一にあります。

社員の幸福の上に、会社が成り立ち、さらにその上に、会社の使命である医療、社会への貢献が築き上げられて行きます。社員が仕事に幸福や生きがいを感じること。それが何より大切です。社員が、幸福、生きがいを感じながら仕事を進めていくということは、責任ある行動に繋がり、さらにそれは信頼される仕事の完成へ発展して行きます。そのため会社の重要な責務は何より社員のサポートであり、適格なサポートを受けた社員は素晴らしい仕事を生み出して行きます。

つまり、クリニカルサポートの行動指針は、会社の使命を達成するための社員の行動指針でありますが、同時に、大前提として会社は社員の幸福を基本に社会貢献を行うことをうたっております。

また、すべての行動の基本は「誠実」であることです。「嘘をつかない」「不正をしない」「過ちは速やかに直す」など、「誠実」は人間としての生き方です。医療現場において治験を支援する弊社社員は、常に「誠実」に行動すべきと考えております。

弊社が目指すCRC像

弊社が目指すCRC像は、

  • 治験に参加した被験者の安全確保とデータの品質確保のため、「医療安全管理」ならびに「リスクマネジメント」の視点を持ち、治験の実施支援を行なうことができる。
  • 治験データ収集支援のみならず、治験事務業務、治験審査委員会運営業務を含め、医療機関における治験実施全体をマネジメント、コーディネートできる。
  • 治験に係る多岐に渡る情報(GCP、厚生労働省やPMDA、治験依頼者の視点をはじめ病態生理、臨床薬理、生物統計等)に精通している。
  • 治験に留まらず臨床研究の専門家である。

など、幅広いスキルと知識ならびに向上心を持ち、仕事を通じて自ら成長していくCRCであり、その育成を目指しています。自分の長所や特長を生かしたOnly oneのCRCとして医療機関、治験依頼者から信頼と評価を受け、自身の達成感を仕事に見出し前進していくCRCであるべきと考えます。

現在、「CRC」は「治験コーディネーター」の呼称から、幅広く臨床研究の領域で活躍することを目指し「臨床研究コーディネーター」に変更されています。データ収集や被験者対応、医師支援からスタートしたCRC業務は時代の変遷とともに期待される役割が変化しています。治験を包含する臨床研究全般のプロフェッショナルとして質の高いデータ創出の一助となれるCRCの育成が弊社の願いであります。

ページTOPへ