ホーム
医療機関の皆さま
治験を実施するメリット
医療機関の皆さま

治験を実施する際のメリット

社会貢献

より良い新薬が、1日でも早く開発されることにつながり、多くの患者様の治療に役立てられます。また、先進医療を望まれる患者様のニーズに応えることができます。(世界同時に実施されている治験もあり、治療の一環として機会を提供できます。)

被験者の負担軽減

治験へご参加いただいた患者様(被験者様)の検査・画像診断費用、治験薬費用はすべて依頼者(製薬メーカー)より支払われます。また、負担軽減費として、1来院につき7,000円程度が患者様(被験者様)へ支払われます。
※診察料は患者様(被験者様)負担となります。

院内体制の強化

治験業務は責任医師を中心に、医療スタッフ間のスムーズかつ、綿密な連携が必要です。チームワーク医療により、院内体制がより一層活性化されます。(基本的に各部署との連携はCRCが行います。)

院内外へのアピール

先進医療を実施している医療機関であることを、ホームページなどを通じアピール出来ます。治験を行うということは、優秀な医師と医療スタッフを擁し、十分な設備と機能を有している証でもあります。

医療外収入

治験全般(診療に関わらない事務所経費なども含む)に必要な費用は、治験依頼者(製薬メーカー)より支払われます。通常診療費以外の収入が見込めます。

ページTOPへ