ホーム
治験の基礎知識
CRCのある1日
治験の基礎知識

CRCのある1日

9:00

オフィスに出社

その日の予定と必要物品等の確認、急ぎのメールなどに対応します。患者さんとの待ち合わせの時間の少し前に到着するようオフィスを出て施設へ向かいます。

9:30

患者さん来院

今日は診察前に採血などの検査があるため、患者さんと待ち合わせし、その後検査にご案内します。診察の予約時間に合わせて採血などの結果が間に合うよう時間を設定します。ここで異常値が出たりすると、薬を中止・減量したりすることもありますので、検査結果を一通り確認して必要であれば診察時に先生にお伝えしていきます。

また、検査の待ち時間に、患者さんに薬はきちんと飲めていたか、体調に変化はなかったかなど聞き取っていきます。同じ質問をしても患者さんによってお答えの内容や量が異なってきますので、質問の仕方を変えながら体調について詳しくうかがっていきます。次回のスケジュールもこのとき確認し、診察時予約を入れられるよう準備しておきます。

10:30

診察

検査結果が出たら、診察となります。患者さんと診察室に入り、患者さんと先生のやりとりを聞きます。先ほど患者さんから聞き取ったお話で、患者さんが先生に伝えきれないこともありますので、CRCから先生に伝えることもあります。診察の最後には、次回の診察や検査の予約も一緒にお願いします。先生によっては、診察室に入らずメモで予約などお願いすることもあります。

11:00

診察終了後

お会計をして、薬を受け取って患者さんは帰宅されます。治験では会計も通常の診療と異なることがありますので、会計にも同行することが多いです。また、薬を受け取った後必要に応じて飲み方の説明や薬の管理の仕方などお伝えしていきます。治験の薬だけでなく、他の薬についても聞かれることがありますので、何を飲んでいるのか把握しておく必要があります。

11:30

患者さん帰宅後

症例報告書の記入、次回の来院準備をします。

12:30

休憩

13:30

SDV

今日はモニターさんによる直接閲覧があるので、その対応をします。カルテ・症例報告書など準備します。はじめに前回のSDV時の問い合わせ事項の回答や、患者さんなどの状態を簡単にお伝えします。

14:30

カルテスクリーニング

組み入れが続いている治験の候補者を挙げるため、カルテスクリーニングを実施します。治験に参加できる可能性があるかどうか、プロトコールと照らし合わせ確認していきます。カルテスクリーニングはカルテの隅々まで見る必要があり、集中力が必要ななかなか大変な作業です。ただ、ここで見落としがあると患者さんが参加してくださった後に、参加基準を満たしていなかった・・・となる可能性がありますので十分注意して行っています。治験によってスクリーニングの方法もさまざまで、先生が候補の方を紹介してくださる場合、全予約患者さんから探していく場合などあります。

17:00

SDV終了

今回確認してもらったところで、問い合わせ事項に回答していきます。先生に確認が必要な部分に関しては、後日改めて回答をすることとなります。

17:30

施設からオフィスへ

オフィスへ戻り、日報作成やメール対応などオフィス内で内勤業務をします。

18:30

退社

明日の準備をして退社

ページTOPへ